• 10万円を越える金額のお振込について

  • 国の法令改正により、2007年1月から (※1) 金融機関窓口での10万円を越える現金のお振込の際には、本人確認書類のご提示が必要になりました。
  • ATMでも、10万円を越える現金のお振込は取り扱いができなくなります。
  • キャッシュカードによるお振込は取り扱いできますのでこちらをお勧めします (※2)
  • 代金引換でのお支払いもできます。 (30万円まで対応しております)
  1. マネー・ロンダリング対策、テロ資金対策による国際的な取り組み強化の為。 詳しくは金融庁ウェブサイトをご覧下さい。
  2. 口座開設の際には本人確認手続きがお済みでない場合には、 本人確認の手続きが必要な場合がありますので、金融機関にお問い合わせ下さい。
  • 以下の書類で確認可能です。
    • 運転免許証
    • 各種保険証
    • 国民年金手帳
    • 児童扶養手当証書
    • 特別児童扶養手当証書
    • 母子健康手帳
    • 身体障害者手帳
    • 精神障害者保険福祉手帳
    • 療育手帳
    • 戦傷病者手帳
    • 外国人登録証明書
    • 旅券(パスポート)・乗員手帳
    • 住民基本台帳カード(写真つき)
    • など…
2つの方法がございます。
  1. 「登記事項証明書」にて可能です。
    • 注意点
      • 代理人の方がお振込をなさる場合、双方の本人確認が必要になります。 (この場合、本人確認が難しい場合は、弊社注文時にご相談下さい) お客さまには、お手数おかけ致しますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
  2. 「人格なき社団の規約様式」にて可能です。

    人格なき社団の本人確認書類である規約について 一例を記載しますのでご参考下さい。

    • 規約の記載事項の最低要件 (郵便貯金取扱手続第6条(2)) 提示された規約に以下の記載事項があることを確認されます。
    • (1)団体の名称及び所在地
    • (2)団体の目的及び構成員の資格
    • (3)記載内容の代表者による証明
    • (記載内容が正しい旨並びに代表者の指名及び印章の押印があること)