Tシャツプリントのアートディレクト
Tシャツプリントのアートディレクト
電話:082−274−5237 メール:info@artdirect.jp

手描きそのままをプリント/デザイン原稿の作り方

デザイン原稿の作り方

手描きのイラストをそのまま印刷したい

筆文字やお子様の絵など、手描きの風合いをそのまま印刷します。

著作権・肖像権・商業権などを侵害するデザインは印刷できません。

デザイン作成は無料サービスのため、正式にご注文受付後の作成となります。

筆文字やお子様の絵など、手描きの風合いをそのまま印刷します。

著作権・肖像権・商業権などを侵害するデザインは印刷できません。

デザイン作成は無料サービスのため、正式にご注文受付後の作成となります。

デザインから印刷までの流れ


1. デザインご入稿(ご注文)

流れ1

お客様がご用意したデザインをご入稿いただきます。

2. データ化

流れ2

アートディレクト側で印刷用にデータ化します。

3. 印刷

流れ3

データをお客様にご確認いただき、問題なければ印刷します。


デザイン作成時のポイント


 デザイン画は白黒のみ。大きめに描くと

デザイン原稿の作り方
  • 『白い紙』にお描き下さい

原稿に出ている全てを読み取りデータ化するので、紙の色や汚れ、消し跡や折り目があるとそのまま出てしまう恐れがあります。なるべく折り目などついていない白い紙をご使用下さい。

デザイン原稿の作り方 デザイン原稿の作り方

非推奨/『わら半紙』『ダンボール』『色紙』等

  • 『黒いペン』でお描き下さい

鉛筆の線や色ペンの線は綺麗に出ない場合があります。なるべく黒いペンをご利用下さい。

デザイン原稿の作り方 デザイン原稿の作り方

非推奨/『鉛筆』『色ペン』『薄墨』黒以外の筆記具

  • デザインは原寸か原寸よりも大きめ(A3サイズ範囲内)にお描き下さい。
  • データ入稿の場合は原寸かできれば350dpi以上の解像度でお願いします。

ウェブサイト上の画像は低解像度の場合がございます。小さい画像や線がボケているデータはご注意下さい。

デザイン原稿の作り方

 多色刷りの場合は別紙または別ファイルでカラー指示やカラー見本をお送りください。

多色刷りの仕組み、指示の出し方を見る(多色刷り希望の方はご覧ください)

線幅、間は推奨1mm以上。細くても0.5mm

デザイン原稿の作り方
  • 細すぎると印刷時に綺麗に出ないことがあります。
  • 線幅参考画像
  • 間が1mm以下だとインクの種類や生地、枚数によっては潰れたりかすれる場合があります。
  • 線幅参考画像

特に細い線で描かれた絵(エッチングなど)は細すぎて線が取れない場合があります。

デザイン原稿の作り方

印刷できる範囲にご注意下さい。

デザイン原稿の作り方
  • デザインは最大でA3(40cm×28.5cm)まで印刷できますが、Jrサイズや小さいバッグでは大きすぎて印刷できません。プリントアイテムの大きさにもご注意下さい。
  • 縫い目から2cm、厚手の生地では3cm離して印刷します。(※生地の厚さによってはこの限りではありません)
  • 縫い目・首回り・裾周り・肩周り、ポケット、ジッパー、ボタンなど凹凸のある部分の上には印刷できません。
印刷範囲印刷可能範囲詳細を見る 印刷範囲横腹に印刷をご希望の方はこちらをご覧ください。

画面の色と印刷物の色について


スマホやパソコンからメールでデザインを確認すると、とても鮮やかに発色してしまうので実際のインクの色より明るく見えることがあります。色の違いについてこちら↓よりご覧ください。

スマホで原稿を撮る時のポイント


「手描きイラストだけどスキャナーがない!」という方は、スマートフォンで撮ったものでもデザイン原稿としてご入稿可能です。ただし、できるだけ原画に忠実に写真を撮っていただく為に以下の点にご注意下さい。
撮っている時の状態
  • なるべく原稿とスマホが水平になるように持ちましょう
  • できるだけ影が写り込まないよう光の向きにお気をつけ下さい
  • フラッシュは焚かないで撮って下さい
  • ブレたり、ボケたりしないようにご注意下さい
  • 撮った被写体(デザイン)が小さくならないようご注意下さい

 ご注意 

著作権・肖像権・商業権などを侵害するデザインは

営利、非営利問わず、お客様自身が権利を持たないデザイン、または利用許諾の証明ができないデザインはお受けできません。

以下のような著作権や肖像権などを脅かす恐れのあるデザインにご注意下さい。
  • 漫画・アニメ・映画・ドラマなどのロゴ、キャラクター、俳優やワンシーン
  • サンリオ、SAN-X、ディズニー作品などのブランド、ロゴ、キャラクター(プロ、アマ問わず)
  • ブランドやメーカーの商品写真、画像・ロゴ・マーク
  • インターネット上の写真やイラスト、デザイン、絵画作品など(プロ、アマ問わず)
  • 音楽作品(楽譜や歌詞)(プロ、アマ問わず)
  • その他、著作者や権利者の許可を得ていない作品や、許可を得ていない人物の写真など
  • ご不安がある場合はお問い合わせ下さい。
  • 権利保有のないデザインをご入稿の場合、利用許諾を得たことを証明できる書類をご注文時にお送り下さい。

デザインは無料ですがデザイン作成は正式注文後となります。

デザインは無料サービスの為、正式に注文が確定した後の作成となります。

ご注文後の大幅なデザイン変更は

基本的にデザイン作成の料金はいただいておりませんが、ご注文後にデザインを大幅に変更される場合は『デザイン料金』が発生し、納期も延びてしまうことがあります。 大きな変更がないようご注意ください。


多色刷りの仕組み

多色刷り図解
多色刷り図解

1色ずつ印刷する為、デザインに使った色数と同じだけの版がいります。(上のハリネズミの絵なら緑とオレンジの2色なので2版)

印刷の際に色がズレれないよう目安の印を版につける為、ハリネズミの顔(オレンジの部分)のように2色のうち1色は面積が小さくても、面積の大きい方に合わせた大きさの版が必要になります。

多色刷りの指示の出し方

多色刷りの指示の出し方
  • インクの「コード番号」と「色名」をご記入ください。「アートディレクト インク色見本」よりご覧いただけます。↓
  • 「アートディレクト インク色見本」
  • インクカラーの指示は別紙やメールなどでご指示をお送りいただくか、デザインに被らないように詳細をご記入ください。

印刷可能範囲

多色刷り図解

塗りムラなく印刷する為に版をフラットな状態しなければならないので、縫い目など極端な凹凸がある部分には印刷できません。

     特にご注意いただくこと
  • リブ、ポケット、ジッパー、ボタンなど凹凸のある部分の上には印刷できません。
  • 薄地(例:Tシャツなど)は縫い目から2cm離さない※と印刷できません。
  • 厚地(例:スウェット、トレーナー、パーカーなど)は縫い目から3cm離さない※と印刷できません。
  • ※生地の厚さによってはこの限りではありません。

横腹に印刷したい場合

多色刷り図解

横腹(前から後にかけてのプリント)は可能です。※ウェアによります

多色刷り図解

ムラなく印刷するには印刷面に凹凸がないよう平面にする必要があります。袖や縫い目にかかると版がガタついてしまい、綺麗に印刷できないので「袖より下」の位置でないと印刷ができません。


オリジナルTシャツプリントの
アートディレクト 

〒 733-0823 広島県広島市西区庚午南1丁目20-1
有限会社アートディレクト

TEL 082-274-5237
(12:00~13:00の間は電話が繋がりません。予めご了承下さい)

FAX 082-274-5238 / MAIL info@artdirect.jp
(メール、FAXは24時間受付中です。※営業時間内にご返信させていただきます)
営業時間 平日9:30~18:30
※土日祝日はお休みです。